バンコク(タイ)で普通の女の子にモテるには その2

さて、前回の記事の続きを書かないとですね。

大前提として日本でモテない人はタイでもモテない、ということを書きました。これはちょっと煽り気味だったかなぁとも思いますが概ね事実だと思います。むしろタイの女の子のほうがスペック重視だったりするので、より厳しいかもしれません。

日本人=ある程度のお金持ち

この考え方、未だに存在しています。これは旅行者だろうが在住者だろうが関係ないですね。バンコクあたりだと下手な日本人よりも稼いでいるタイ人は多いんですけれど、その人たちもそれより更に稼いでいるんでしょう?と考えていたりします。するとどういうことになるか。

英語は当然ながら他の言語も話せるんでしょ?

タイでそれなりのレベルにいる人たちはほぼ英語を話せます。海外留学経験者も少なくありません。ヘタすると日本語や中国語を流暢に話したりします。このレベルの人たちと付き合うというのは中途半端な経歴ではどうにもなりません。タイで働いているとある一定以上のクラスになるとこういう人たちと関わるようになってきます。南部出身とか華僑系が多かったりもします。

実は旅行などでバンコクを訪れる人たちが出会うタイ人のほとんどは低〜中所得者層です。観光業や飲食・接客に従事している人たちですね。出身も東北(イサーン)や北(ヌア)からの出稼ぎの人々が多く、もっといえばミャンマーやラオス、ベトナム人だったりもします。タイは職業に貴賎がないとか、差別がないとか書いてる人たちもいますが、職業や出身での差別は凄まじいです。差別という概念ではなくて、そもそも関わりもしない感じですかね。皆それぞれ自分の立ち位置で生きています。それも頭に入れておいたほうがいいでしょう。

さて、ここからやっと本題です。どうやったら「普通の」タイの子にモテるんでしょうか。実はこれ相当難しいです。なぜなら普通のタイの女の子は普通のタイの男の子が好きなんです。まぁこれも当たり前ですよね。言葉も通じない、食文化も合わない、そんな人と一緒にいても面白くないですもん。そしてタイの女の子はかなりワガママで奔放です。これは出身・年齢関係なくみんな共通してると思います。性格もきついというか自己主張も激しいです。

それでもタイの普通の子がいいんだ!って方は、以下に気をつけてください。まずは外見的な部分からです。

清潔な服装

首周りの伸びたTシャツに短パン、サンダル。絶対ダメです。おすすめは長袖の衿付きシャツ(きちんとアイロンがかかったもの)、長ズボン(タイトなもの)、革靴もしくはあまりカジュアルではないスニーカー。タイ人は見た目でめちゃめちゃ判断します。服装は気をつけたほうがいいです。シャツも無地か柄物でも派手すぎないもの。色はシャツもパンツもある程度派手でも問題ありません。決して高いものを着る必要はないです。250Bのシャツでも全く問題ないです。

短髪

これ絶対条件です。タイの女の子で長髪が好きな子を探すのはかなり無理があります。あなたが有名なミュージシャンや役者でない限り短髪にしましょう。耳は出ていたほうがいいです。白髪のある人は染めたほうがいいです。フケがあるとかは論外です。

綺麗な歯

これも結構重要です。タイはこのへん欧米化した考え方があって歯が綺麗=ある程度裕福、という図式ができています。なので、少しでもお金ができると歯列矯正します。バンコクに来ると、堂々と歯列矯正して笑っている子が多いのに驚くと思いますが、あれはワザと見せるためにしてます。日本のように白くカモフラージュしたりしません。中には虹色の矯正機付けてることかもいます。ダミーのものを接着剤で付けてる、って子にも会ったことあります。日本人は銀歯多いですがあまり評価は良くないです。

爪は短く・ヒゲは剃る

これも普通の事ですね。爪は小指だけ長くして、みたいな人も時々いますがやめたほうがいいです。両手両足、きちんと短く切っておきましょう。またヒゲは基本的に無い方がいいです。たまにヒゲ好きな子もいますが仲良くなってから生やしてもいいです。初手はヒゲも無くスッキリと。

日焼けはNG

タイ人の白い肌への憧れは半端ないです。ホワイトニングスキンケア系の化粧品死ぬほど売れてます。日本人は平均的なタイ人よりも色は白い人が多いので、タイ人からは羨ましがられます。白ければ白いほどいいです。健康的な浅黒い肌、とかは必要ないです。日本人で黒いと「なんでワザワザ黒くするの?」と不思議がられます。

タイ語を話せる・読める・書ける

ここでかなりハードル上がりますね。タイ語も夜の蝶々に教えてもらったタイ語はあまり通用しません。なぜなら、彼女たちが話している言葉は汚い言葉が多いし、女性の言葉遣いだったりするからです。日本で言えば女ヤンキーが話しているような言葉とでもいえばいいでしょうか。彼女たちといる間はそれでも問題ないですが、一般的なタイ人のコミュニティに入ってそれを使うと一発でバレます。「あー、こいつは夜の街でタイ語覚えたんだなぁ」とレッテルはられちゃいます。これ、挽回するのは結構大変です。タイ人は一度見下すとなかなかその人に対する評価を変えないので。

タバコは吸わない

これは近年の日本でも同じだと思うのですが低所得者層ほど喫煙率は高くなっていると思います。タイでも全く同じです。現状、タイでは公共の室内は全て禁煙ですし路上喫煙も2000B の罰金になっています。飲み屋さんでも日本式の居酒屋など以外では室内で喫煙できる場所はほとんどありません。オープンテラス形式や屋台では吸える所もありますが吸ってるタイ人はほとんどいないです。タバコ吸ってるだけで女子からの評価はかなり落ちます。息もクサイし、服もクサくなるしということみたいです。キスさせてくれません。節約にもなりますし、本気でタイの子を口説くのであればスッパリとやめたほうがいいです。

ということでとりあえずまずは外見的な部分を。その3では内面的なところを描いていきたいと思います。

タイでモテるにはシリーズ・その3、今回はある意味一番大切な内面的な部分です。http://bkk9.net/2015/06/19/thai-girl-like-1/