バンコクでタイの自動車免許を取得(書換)してきました その2

20150623184001

さてさて、前回の記事の続きです。

バンコク内にいくつかある内の陸運局の中から、本局に行くことにしました。情報を集めた所本局には外国人専用窓口があって受付・処理が速いということだったからです。さて、実際はどうだったでしょうか…。混雑するのも嫌だったので08:30ぐらいにBTSサパーンクワーイ駅に到着しました。

 陸運局への道のり

最寄りの駅はBTSのモーチット駅もしくはサパーンクワーイ駅です。後述の健康診断書を取るためにもサパーンクワーイ駅で降りましょう。モーチット側で進行方向右側(偶数番号のソイの方)です。

階段を降りたらそのまま進みます。出口のモタサイに乗ってもいいですが、近いのでテクテク歩いちゃいましょう。しばらくすると川を渡ってソイの18にぶつかります。その角にクリニック(なのかなぁ一応w)があって、ここで健康診断書を発行してくれます。

おじちゃんが座り込んでる後ろのシャッターが閉まってるところです。実際は07:00から開いていますので安心して下さい。以下、クリニックの写真です。

201506231931552015062316405020150623164041

奥の扉を開けるとおばちゃんがいて「パスポート見せて。80Bね。」と先に代金を徴収します。人によって100Bだったという人もいるので外国人料金があるかもしれないです。

20150623164033

更に奥に入ると、気のいいおっちゃん先生がいて健康診断書を書いてくれました。一応、聴診器を当てられて「元気?大丈夫だよね?」と問診されましたが、まぁ形だけですねw名前とかパスポート番号を確認して健康診断書をもらって終わりです。ボクの前にも後にも続々とタイ人の人達が来院してました。

健康診断書をもらったら、来た道を更に進みます。程なくすると陸運局の入り口が右手に現れます。ソイの18を過ぎた後に最初にある大きな入り口なのですぐにわかると思います。

ストリートビューでは門は青いですが2015年6月現在では白く塗られていました。塗り替え作業中だったのかもしれないです。

手続きする建物への移動

敷地内に入ったら車に気をつけて奥へと進みましょう。目指す建物はタイ語で「อาคาร๔」とかかれた建物です。

20150623165719

入り口からだと右手奥になります。分からなければその辺に立ってる制服姿のおっちゃんに「ばいかっぷきー?」と語尾上がりで聞けば教えてくれると思いますwもしくは「อาคาร๔」←このタイ文字や上記の写真を見せれば教えてくれると思います。ちなみにこのタイ語は「4番の建物」という意味です。

20150623175301

こちらが入り口です。

建物内〜書類受付

20150623175533

入ってすぐ右、そして正面にコピー屋さんがいます(写真はすぐ右のコピー屋さん)。持ってきた書類を全て渡してコピーしてもらいましょう。係のオネーサマ達は過去にも同じ書類をコピーしてきているのでどの部分をコピーするかとかは何も言わなくて大丈夫です。恐らく10Bもしないぐらいで終わると思います。コピーが終わったら全部の書類にサインをして下さい。コピー屋さんのカウンターでサインしても大丈夫です。

20150623175643

サインが終わったらフロアの天井から吊り下がっている案内板を見てみると…「Car, Motorcycle, Tricycle and Taxi Driving Licence」は「ชั้น2」と書いてあります。2階、という意味なので左手の階段を上がって2階へ行きましょう。Trycycleはおそらくトゥクトゥクのことでしょうね。トゥクトゥクは専用の免許が要るのでしょうか?今度、トゥクトゥクの運ちゃんに聞いてみますw

階段を上がり切ると左手には書類記入用のカウンターがあります。先ほどコピーした書類にサインしてない人はここでしちゃいましょう。書類が揃っていたら階段正面のインフォメションカウンターへ。係のオネーサマに一括して渡すと色々とチェックしてくれて問題なければ通し番号の入った紙をくれます。銀行の待ちで出るようなやつです。

「17番の窓口に行け」

と言われると思います。カウンターを離れて、左方向の受付ブースに向かいます。

20150623180405

ここから入ります。奥の右手に17番ブースの明かりが見えています。

20150623180450

20150623180513

17番に行ってみたけど係員がいません。タイクオリティですねw隣の18番にも英語での説明書きが貼ってあるので、どうやら外国人受付ブースのようです。中では受付の最中でした。ブースの前に椅子があるので自分の番が来るのを待ちます。ボクの時は朝早かったのもあるのか待ちは1人だけでした。

20150623181016

待ってる間に17番のおっちゃんが帰ってきました。早速ブースに入って書類を渡します。ここで足りない書類があったり、サインに不備があったりするとチェックしてくれます。確認が終わったら3階に行け、と言われます。

20150623181226

階段を上がって右に曲がると奥に上記写真のインフォメーションカウンターがあります。ここに書類一式を渡すと番号札をくれるのでカウンター前に並ぶ椅子に腰掛けて番号が呼ばれるのを待ちます。待っている間はこれからやる簡単な実技試験の説明ビデオを見ていればいいです。タイ語ですが簡単な内容なので映像だけでもわかると思います。

20150623181417

ビデオが1〜2周ぐらいすると中の係の人が番号を呼び始めます。ここはタイ語でしかアナウンスがないのでちょっとハードル高そうですが、周りの人が立ち上がったら一緒に立ち上がればいいと思います。係の人に番号札を見せれば自分の順番の時に入れてくれると思います。中に入ったらいよいよ実技です。

実技試験

実技は4種類あります。

  • 信号の色認識テスト
  • 前後感覚の認識テスト
  • アクセルおよびブレーキのテスト
  • 視野角のテスト

信号の色認識は2mほど離れたところに信号の模型のようなものがあるのでその模型に点灯した色を答えるというものです。タイ語でも英語でも大丈夫です。タイ語なら

  • 赤…デーン
  • 緑…キョウ
  • 黄…ルアン

と答えます。前の人達の発音を聞いておくといいでしょう。「色」という意味の「シー」は言わなくても大丈夫です。ボクの時は信号の色認識の係のおばちゃんが凄まじい仏頂面で睨みをきかせていて、声が小さかった人落としてました(後にやり直しで合格してた)。基本的には点灯した色を普通に答えれば大丈夫です。

20150623182401

前後感覚のテスト(2と書いてある方)ボックスの中に2つの棒があって、右側は固定されています。左側が奥にあるんですが手元にあるリモコンの手前側の緑のスイッチを押すと手前側に動きだします。右側の棒と並んだところでスイッチを離せばOKです。

アクセルとブレーキはオートマのものと同じで右側のアクセルを踏むと3のボックス手前についたインジケータが上がっていきます。右側の上に赤いランプが点灯したらアクセルを離してブレーキを踏みます。これ、アクセルがガッツり踏み込まないと反応しないのでちょっと注意が必要です。あっという間にインジケータも上がるので、踏んだらすぐに離してブレーキ、って感じになってます。これも前の人たちのものを見ておくといいかと思います。

20150623182819

最後が視野角のテストです。テスト用の機械の中心にくぼんだ部分があるのでそこに鼻の上部を合わせます。なんと言うか水際から目だけ出してるみたいな感じです。右側か左側にランプが点灯するのでその点灯した色を答えます。係官が「シー?(色は?)」と聞いてくるので、これもさっきのと同様、赤緑黄のいずれかの色で答えます。ここまで終わると書類のチェック欄が全て埋まった状態になるので、先ほど受付した3階のインフォメーションカウンターに再び行きます。

タイの自動車運転免許をゲット!

3階のインフォメーションカウンターで書類チェックをしてもらったら階段を降りて、今度は2階のインフォメーションカウンターに戻ります。ここでも書類をチェックしてくれて、再び通し番号の入った紙をくれます。先ほど行った17、18番ブースへ向かいます。番号を呼ばれたらブースに入ります。ここで事務手数料の支払です。写真撮影料と免許発行代が合計で205Bです。代金を渡すと領収証をくれます。その後、いきなり免許用の写真撮影が始まります。他のところで撮ると思っていたので焦りましたw写真を撮って程なくするとプリンタから免許がうにゅーっと発行されました。ICチップ入りらしいです。ホログラムも入っていて、なかなか立派な免許証でした。

20150623185111

写真を撮るときに係のおばちゃんがやたらと「笑ってもいいよ、笑ってもいいよ!」と言って笑かしてくれました。結果、免許の写真も笑った写真になってしまいましたので見苦しいからモザイクですw実は、タイでは最初に免許を取得した時は仮免状態で一定の仮免期間があります。前は1年だったのですが上記写真の通り今は2年に変更されたとの事でした。次回の書換の時に5年の本免許となります。

ということでバンコクの陸運局本局でのタイ自動車運転免許書換の一連の流れでした。09:00前ぐらいに陸運局について免許をもらったのは10:00過ぎ。1時間ぐらいで取れちゃいました。やっぱり外国人専用窓口があるのが大きいかと思います。費用は健康診断書 80B、コピー代 8B、免許用写真撮影+免許証発行代金 205Bで、合計293Bでした。1時間と300B弱でタイ国内で通用するIDカードが作れるというのは、なかなかお得なんじゃないかと思います!

関連記事