バンコクで汗のベタベタを軽減する「ペンแป้ง」

https://farm2.staticflickr.com/1342/1149134663_b4d0946a69_o_d.jpg

バンコク、めっちゃ暑いですよね。朝夕それなりに涼しいと感じる季節もありますが、基本的には一年中暑い!汗もけっこうかきます。

個人的に汗をかくのがホントに嫌いで、体がベタベタしてくるとやる気スイッチがオフになってしまいます…。仕事中でもシャワー浴びに帰ったりするぐらいw昔のオフィスはシャワールームもあったので、汗かくとササッとシャワー浴びてました。

シャワーから上がっても、例えば外回りに出たりしたらあっという間に汗はだくだくです。元々汗っかきなので、結構悩みました。建物に入ればキンキンなので大丈夫なのですが、外にいる時の汗を少しでも軽減する方法は…ひんやりスプレーとか、ひんやりシートを持ち運ぶとか?んー、これはもう地元民に聞くのが一番早いです。ボクが聞いたらこういう答えが。

汗かくとベタベタして困るんだよねぇ…どうしたらいいんだろう

そういう時は、タイ人はペンを使うのよ

ペン?ボールペン?シャープペン?どういう風に使うの?

違うわよ!ペン แป้ง よ!知らないの??

 

ペン แป้ง とは直訳すると「粉」です。これを聞いた当時は「粉…?どういうこと???」となったのですが…その正体はこちらです!

20150806120815

 日本で言うところのベビーパウダーですね。パッケージの通り、赤ちゃん用っぽいんですが、大人も普通に使ってます。様々なメーカーから出ているのですが、総称して「ペン」と言います。インスタント麺を総称してママーと言うような感じでしょうかwBIG-Cなどのディスカウントストアにも類似のものも含め相当数のモノが大きな販売面積で売られています。タイ人は常用しているんだろうなぁ、とよくわかります。実際、友人の家などに遊びに行っても、シャワールームには必ずどこかしらのブランドのペンが置いてありました。

使い方は、普通に手のひらに出して首筋や顔、脇の下に塗りこむ感じです。さらさらとして、確かに気持ちいいです。ガッツリと汗をかいてしまうと、あんまり意味をなさなくはなりますがつけないよりはさらさらしていると思います。

たまにBTSなどで、バリっとしたOLさんの首筋とかに少し多めにつけたペンが残ってたりして、微笑ましかったりします。上記の写真の通り大きなボトルでも55バーツと格安なので、一度使ってみることをおすすめします。塗るだけでスーッとする、クール系のパウダーもあります。有名なのは「PRICKLY HEAT」ですかね。かなり昔からある商品なので、どこかで見たことある方も多いかもしれません。これも、シャワー上がりにつけるとメッチャ気持ちいいです。

ということで、バンコクで汗のベタベタを軽減する「ペン」!でした!

photo by Lewis Lin