今日のおひるごはん

ゲーンソムマラコー&カイパロウ

แกงส้มมะละกอ&ไข่พะโล้

ゲーンソムは南タイ発祥のカレーだけど今ではタイ全土どこでもおなじみ。ソム ส้ม は単体ではタイのみかんを表す言葉だけど、料理の名前に使う時は『酸っぱい』の意味で使われる。ソムタムのソム、もそれ。このゲーンソムもマカーム(タマリンド)の酸味が効いているところからこの名がついた。大根や海老が具材のことが多く、シャオムという野菜入りの玉子焼きが入ることも多い。今日のはマラコー(青パパイヤ)のみで結構辛め。同行のバンコクっ子は、辛かったみたいで途中でギブアップ。タイではソムタムもそうだが青パパイヤを野菜的に使うことが多い。
カイパロウはタイ式玉子入り豚の角煮とでもいう感じの料理。甘いタレで煮込まれた豚とゆで玉子、厚揚げが入る。八角もしくは五香粉の香りが特徴。辛味はないので辛いのが苦手な方でもOKな料理。
右上に見えてる唐辛子は料理由来ではなくて、プリックナンプラー。

ごちそうさまでした!