ボクはなぜバンコクにいるのか?

liveatbkk

先日、読者の方からメールを頂いて少しやりとりしていたのですが、そこで出てきた話題の一つが「どうしてタイ、バンコクだったの?」というものでした。その時に改めて考えてみたのですが、ボクの場合は以下の理由でした。

タイ料理を毎日食べられる

これが一番の動機です。今から23年ほど前に初めてタイに来た時に食べたタイ料理の味に衝撃を受けて、それ以来毎年通うようになったので、タイに惹かれる原動力は間違いなくタイ料理です。日本でもかなりタイ料理屋はめぐりましたが、本物のタイ料理の食材ではないし、そもそも高い!仕方ないとはわかっていても、残念でした。なので、ひたすらタイに来て食べていましたし、好きが高じて日本でもタイ料理屋で働いたり、自分でタイ料理屋を経営したりしちゃってました。タイ料理のどこが好きだと言われると、明確にココ!とは言えないのですが、屋台などの文化も含めてタイ料理全般が好きなのですよね。辛味・酸味・甘味・塩味・そして苦味が一体化したタイ料理、んでその料理を作るコックさん達も(比較的貧困層の人が多いからか)そのコミュニティにいる人間には妙に優しかったり、家族への愛情が感じられたりとかしたのも要因かもしれないです。今でも毎日タイ料理食べてますし、これからも食べ続けると思います。

物価の安さ&仕事が楽ちん

来た当初はフリーで仕事したりしてたのも関係しているんですが、仕事に対するスタンスが日本と違う感じなのがいいなぁ、と思いました。キリキリと仕事しないで、ある程度の余裕を持つというか。会社に入っても、定時にキッチリ帰る人が多いし。来るのは適当な時間なのにwもちろん、ガリガリと仕事している人もいるんですけどね。なんというか、そこまでガリガリやらなくても、それなりに暮らしていけるのはいいなぁ、と。物価に関してはバンコクは最近だいぶ上がりはしましたが、それでも現地の一般人の暮らしであれば、まだまだ安いです。フリーの頃にどうにも金が入らなかった時もあったんですが、日本だと数カ月でつきるであろう貯金で1年は暮らせるだろうと思うと気が楽でした。ただし日系の企業だと、あんまりこうもいかないですね。

女の子が可愛い

これは書かないと嘘になるのでwボクも最初の頃にはご多分にもれず普通に夜遊びなどをしていました。まぁそういうのは旅行で来てる時などは新鮮なんですが、今ではすっかり落ち着いてしまっています。もちろん今でも飲みには行ったりしますけど、その場合もローカルの飲み屋が多くなりました。あと、街中で見かける女の子に可愛い子が多い(自分の好みに合う子が多いという説もありますが)、仕事場や友人が連れてくる子にもびっくりするぐらい可愛い子がいる!なんてことが多々あるので、いい目の保養です。黒髪ストレートが今でも多いってのは、結構ポイント高いかもです。

人がイイ

お人好し、の意味ではなくて、本当にイイ人が多いです。もちろん、悪い人もたくさんいますが、ボクが付き合ってる人達にはイイ人多い気がします。相手の領域に、結構気軽に入り込んでくることもあるのでうざったくなったりするときもありますが、根本のところの優しさがある気がします。両親とか友達に対する尽くし方とかは、いつ見ても「ほーっ!」と唸ってしまいます。あと、友達になるまでの垣根が異常に低い。その分、すぐに喧嘩してバイバイ、ってパターンもありますが。

あったかい(暑い)

これは理由としては後付ですが、タイに数年住んでみて一年中あったかい(というか暑い)っていうのは楽だなぁ、と思いました。日本にいる頃は冬が一番好きで、夏は暑くて嫌いだったんですがタイに来てからは暑いのが気にならなくなりました。今思えば日本の夏のはしゃいだ感じが好きじゃなかっただけかもしれません。タイでははしゃぐも何も一年中夏みたいなもんなので平常運転で楽です。建物の中はキンキンに冷えてますし。長年困っていた頭痛も軽減したのですが、これはストレスから開放されたからかもしれないですね。ずっと暑いのが大丈夫なら、もしかしたら年中冬の国も嫌いじゃないかもなぁ、とも思いました。

パートナーがいる

これも後付ですが、今ではタイ人のパートナーがいるのでタイ・バンコクで暮らす以外のシチュエーションは考えにくいです。作る気はなかったのですが、そこはまぁそういうもんですねw言葉が話せるようになるにつれ、そういうチャンスも増え、気がついたらできていた、って感じです。コッテコテのタイ人なので、日本に住みたいとも言わないですし、料理もタイ料理オンリーなのでむしろ楽ですw

と、こんなコトを思いながらバンコクで淡々と暮らしています。こうしてみると、それほど大した理由はないですね。なんというか、どうにもタイが好きなんですよね結局の所。どう説明したらいいかはわかんないですが「お前の前世はタイ人だったんじゃじゃないのか?」と友人から言われるぐらいには、タイが好きです!w

関連記事