サパーンクワーイの元◯◯だったクァィティアオ屋!?

自宅から程近い場所にあるクァィティアオ屋さん。メインは豚の血を使う、タイ人が大好きなクァィティアオルアです。

店名は『クァィティアオルア パーヤオ กก๋วยเตี๋ยวเรือ ป้าเยาว์』オバちゃんのクァィティアオルア、って、とこですね。

クァィティアオルアの他にはサテーも人気の主力メニューです。先日行った時には、パッタイとか炒め物系のメニューも始めてました。やりたいと思ったら、特に考えずにやる。売れなかったらやめる。うん、タイですねw店内の様子はこんな感じです。

お世辞にも綺麗とは言えない店舗です。なんというか雑然としてますね。なんとかフォローするならば実家っぽいというかw

slooProImg_20160116121956.jpg

クァィティアオの味は普通にコクのある美味しいクァィティアオルアです。少し辛めなのも好み。麺を後から入れるタイプの盛りつけなので、スープとのコントラストが綺麗です。

さて、この店。実はある業態の店が閉まった後を居抜きで借りて始められたものなんです。その店とはどんなお店でしょう…。ヒントとしては、クァィティアオ屋には不釣り合いな壁際のソファーでしょうか。写真見て気付いた方は遊んでる人かもしれないですねーw

正解は…そう、ゴーゴーバーです!この店は、サパーンクワーイの交差点から程近いところにあるのですが、隣も目の前もローカルゴーゴーです(目の前は人気店レインボー)。ゴーゴーがクァィティアオ屋さんに生まれ変わるあたり、さすがのアメージングタイランドです。店内真ん中にテーブルが並んでいるのですが、元々はここにステージが設置されていました。上から4枚目の写真を見ていただくと、天井にスピーカーとかスポットライトが並んでいるのでわかると思います。

初めて行った時には、不思議な作りの店だなぁと思ったのですが、その成り立ちを聞いたら納得したのを覚えていますwオープンして結構経つと思いますが、お客さんもそれなりに付いているようなので、この不思議な感じのまま続いてくれるといいなぁ、と思います。