バンコク(タイ)のバラマキお土産ならコレがオススメ!

日本からバンコク、タイに遊びに来る方も多いと思いますがお土産には色々と悩まれる方も多いようですね。ボク自身も遊びに来ている頃は、悩んでました。

最初のうちは、ドライフルーツとか、お香とか。ちょっと奮発してタイシルクの小物とか、Narayaの小物とか。レッドブルやおバカな感じのTシャツとか。でも、その内ネタは尽きちゃうんですよねぇ。

一時バラマキ用に流行っていたのは、プリッツのラーブ味。一時というか、これはもう定番化している感じですね。ボクも何度か買って帰ったことあります。後は、ママーを始めとするタイのインスタント麺。トムヤムクン味などは、やっぱり喜ばれます。袋麺だと安いのも魅力で、これは今でもオススメです。

お土産はキーホルダーとかタペストリー(古い)みたいなものより、やっぱり食べ物とかの消え物の方がいいと思うんですよね。その手のものだとタイ語ステッカーは面白いんですがタイを好きな人じゃないとあんまりありがたみがなかったりします。

そこで、ボクからのオススメはタイのクノールが発売しているインスタントジョークです!ジョークとは、割ったお米をダシで煮込んだ感じのもので、おかゆよりさらにドロッとしたもの。重湯の濃いやつというか。屋台なんかでもよく売られたりしています。

これ、朝ごはんにもいいですし、ちょっと小腹が空いた時の繋ぎにもいいので、めちゃ重宝します。僕も常にオフィスに置いてありますw

ポーク、チキンのジョーク。タイ語・英語が併記されてます。他にもエビなど色々な味があります。個人的にはポークがオススメ。カップのものはお湯を注いで混ぜるだけで出来上がり。大体15〜17฿程度で売ってます。

お土産に特におすすめなのはコチラ!

袋バージョンのジョークです。内容量は少し多目で値段はカップと同じぐらい。しかも嵩張らないし軽い!バラマキお土産にぴったりです。BIG-Cなどに行くと大量の袋が入ったセットを安く売っているので、それを買うのがベストです。お土産買うの忘れた!って時でもコンビニに置いてありますので、最後の追い込み的なお土産にも重宝します。

お湯を注ぐだけで食べられるんですが、さらなるオススメは玉子を落とすこと!コクと柔らかさが加わってさらにいい感じになります。お湯を入れる前に玉子を割りいれて、黄身に当たるようにお湯を注ぎ入れ混ぜる、って感じです。

実はコレ、二日酔いの朝とかにも重宝するのです!固形物などは受け付けなくても、コレなら食べられますし、ジンワリと胃にしみて二日酔いの辛さを軽減してくれますよ!

ということで、次回の訪タイ時にはぜひ『クノールのインスタントジョーク』を試してみてください!