流行る店の理由、その一端を感じた話

この写真、なんだかわかりますか?男性にはピンと来ないと思いますが、女性ならきっとすぐにわかりますね。そう、髪を束ねるゴムです。コレを撮ったのがどこかと言うと…

友人から「BTSトンロー駅の近くに新しいラーメン屋できたみたいですよ」という話を聞いて、さっそく伺ってきました。バンコクのラーメン激戦区であるトンローに新たにオープンしたお
トンローにある大人気ラーメン店『鶏そば 七星』さん。バンコクの日本人界隈、そしてタイ人界隈でも話題沸騰の店で、昨年末と最近のオープンにも関わらず、その勢いは留まることは知ら

なんと飛ぶ『鶏』も落としてスープにしちゃう勢いの七星さんです。って、なんか七星さんの記事続いちゃってますがw

これ、最初の頃には無かったと思うんですが、先日伺った時には各テーブルの壁際にありました。恐らく、駐妻さんなどの女性客も多いので、ラーメンには天敵の髪が落ちてくるのを軽減してもらおうと、置いたのだと思われます。ラーメン屋さんに限らず飲食店に来て料理が来てみたら、あ!髪止めるゴム忘れた!っていう経験をした女性も多いんじゃないでしょうか。

このゴム自体のアイディアが素晴らしい!というので記事にしたわけではないのです。これを思いつく方も、もちろん居るでしょう。でも、それをすぐに形にする、しかも店としては経費がかかる方向の作業です。何よりここまで丁寧にお客さんの立場になって、事を考えているんだなぁ、とある種の感動を覚えたからです。

飲食店はモチロン味がいいのは当たり前なんですが、プラスアルファの部分は最終的には人だと思っています。七星は、今恐らくバンコクでも一、二を争う話題ラーメン店だと思うのですが、それに甘んじることも無く、新店舗展開に挑戦し、尚且つ足元ではここまで気を配る。流行る店には、やっぱり理由があるんですよね。

この勢い、まだまだ収まることはないだろうなぁ、と思った出来事でした。