PebbleTimeが日本語+タイ語対応になった!

しれっとPebbleTimeとか書いてますが。いや、いつの間にかPebbleTimeSteelが手元にやって来てました。いつの間にかというか、こっちにいた友人に『Pebble楽しいよー、いいよー!』って、初代を見せてそそのかしてたら、彼がガツッとPebbleSteelを買ったのです。で、セッティングとか日本語化とかは薦めた責任でやって、彼に渡したんですが急遽日本に帰ることになった時に「これ、差し上げますー」と、なんと置いていってくれたのです!感謝。ということで、遠慮無く頂いて設定。日本語パックも現在はいくつか出ているようですね。というか、初代にも3.0が来てタイムライン使えるようになってるんですか!知らなかった!!

ということで、サクッとiPhoneと接続して日本語化。通常の通知なんかは日本語化で問題なくなるんですが、タイ人スタッフや友人とメールやLINEでやりとりしたりすると、Notificationが飛んできてもタイ語は全部□になっちゃっていました。初代使ってる時もそうだったんで、まぁ仕方ないかなぁ、と。でも、カラーになるとなんか余計に気になるなぁ…とか思いつつ、いっそのこと日本語をやめてタイ語にしちゃおうかなぁと思ってPebble Time用のタイ語のLanguage Packを探してみました。あわよくば、日本語のLanguage Packとマージとか出来ないのかなぁ、とか思ったりして。ちょこちょこっと検索すると、タイ語のLanguage Packを発見。

https://pittaya.com/thai-language-on-pebble-time/

ふむふむ。ブログの内容を見てみると、どうもタイ人で日本のアイドルが好きな方のようです。もう少し読み進めてみると…ん?「ภาษาไทย + ญี่ปุ่น」タイ語+日本語???おぉぉおぉぉぉぉ!!!!!!!日本語+タイ語のLanguage Packが!!!マジか!しかも、ビットマップフォントのほうが綺麗だから、東雲ビットマップ使ってるよ、みたいなことまで書いてある!

https://pittaya.com/pebble-time-thai-japanese/

逸る気持ちを抑えつつ、リンクはDrop Boxだったので、まずは自分のDrop Boxへダウンロード。そこから、iPhoneのDrop Boxアプリで開いて、右上の四角から上矢印がでてるアイコンをタップ、開いたメニューの「別のアプリで開く…」をタップして、メニューの「Pebble Timeにコピー」をタップ、すると…すんなり認識してLanguage Packのインストール画面に。お?ちゃんと入るかしら、ドキドキ。。。。果たして!

おぉおぉおぉおぉぉぉ!入ってるー!日本語もタイ語も表示されてるー!うはー!上がる!!!。同じ方法で初代Pebble Steelにも入りました。(※ 追記 2016/04/02 初代 Pebble にも入りました!)

まぁタイ語は文字が少ないので、なんとかなるんだろうとは思ったのですが、マージする方法なんて分からなかったので、コレはかなーりありがたい!実は読点や句読点、ひらがな・カタカナの小文字(ぁぃぅ、ャュョなど)の位置が上という問題はあるのですが、日本語とタイ語を表示できるメリットの前には、まったく問題にならないぐらいです。コレに関しては一応、作者さんのブログには報告はしておきました。修正されたら、更にありがたい。

ここ見ると、色んな言語のLanguage Pachが出てるみたいですね。

https://github.com/MarSoft/pebble-firmware-utils/wiki/Language-Packs

いやぁ、これはホントにめっけもの。まぁPebble使ってて日本語とタイ語の併記がありがたいっていうニッチな人がどれだけ居るのかって話ですが、ボクはめちゃめちゃ感謝です。作者さん、ありがとー!


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL