ソンクラン明けたから、旧年に食べたタイ屋台メニュー・ベスト3を書いてみる

本日はソンクラン明けの平日ということで、通常業務に戻った方も多いと思いますがいかがお過ごしでしょう。つか、暑すぎませんかね、今年のバンコク…さてさて、タイの旧暦では新年が始まった感じです。職場でも「サワディピーマイ」と挨拶したりしました。日本でも、4月の頭は新年度って感じで、なんとなく改まる感じの方も多いのでは?新人さん達も研修とか始まってる頃でしょうか。5月病とかにならないように、楽しくお仕事!って、余計なお世話かw

ということで、タイ的には年も改まったので、2015年3月までに行った飲食店の中で、ボクが気に入った屋台メニュー・ベスト3を発表してみようかと思います。屋台の定義としては、普通の屋台〜屋根はあるけど壁はない、的な店まで。普通に壁やエアコンがあったりする店に関しては今回は除外で。あ、食事と言うのはその時のお腹の空き具合とか、天候や気温なんかでも変わってきちゃうものなんで、あくまでも現時点のボクが思うベスト3、って事でひとつ。

第3位 クンペン・ホロホロ豚煮込みのカオラオムートゥン

自宅から、車で30分程行ったバーンスィームアン บางศรีเมือง という所にあるんですが(ストリートビューだとここです。ストリートビューの車が走った時には、まだ店がなかったみたいです。)、個人的には今まで食べたムートゥンの中では一番好きです。どこにでもあるっちゃぁある感じのムートゥンなんですが、なんというか、仕事が丁寧なんですよねぇ。白ご飯必須です。あと、ロケーションと雰囲気がいい意味でダラっとしてていいんです。お店の名前は「クンペン คุณแป้น」ペンさんの店、ってトコでしょうか。一時、かなりハマって通ってました。お店のキッチンはこんな感じ。

右にいるのは、めっちゃスレンダーな、オーナーの娘さんw

第2位 プラディパート・オッチャン屋台の辛旨激辛ガパオ

slooProImg_20160207090106.jpg

これは近所の注文屋台のガパオ。プラディパート通りで夕方の17〜18時位からオープンしてるとこです。場所的にはこのあたり。このオッチャンが寡黙に作るガパオは、かなり好みの味です。前に記事を書いたんですが、シーユーダムのコクが決めて。そして汁少なめで、メチャ辛にしてもらうのがポイントなのです。

このオッチャンが目印です。実は、オバチャンが料理している時もあるんですが、全く違う味になるのでおすすめしません。あくまでも、このオッチャンが鍋を振ってる時に食べるのをおすすめします。

第1位 プラディパート・朝だけ食える極上アヒル麺

またプラディパートかよ、って感じですが住んでるトコが近いんでwというか、この近辺の屋台はホントにレベル高いんですよ。本当は、ベスト3にはインタマラのクァイティアオの名店を入れたかったのですが、ここは壁がある(エアコンはない)ので惜しくも今回の選考からは漏れたのです。もとい、朝だけ食える極上アヒル麺は、こちら。

どうですか、この美味そうなアヒル。iPhoneの写真でも、その美味そうさ加減は伝わるのではないでしょうか。皮と肉、どっちもいい弾力と、旨味抜群なのです。加えて、甘味のあるスープがまた旨い。大体、朝のたぶん7時くらいから?で、9時過ぎには売り切れてます。アヒルの煮込みも売ってるのですが、こっちは8時には無くなってしまう人気商品。個人的には、煮込みよりもこっちの麺のほうが好きでした。お店の名前は、クァィティアペッドトゥンヤージン ก๋วยเตี๋ยวเป็ดตุ๋นยาจีน アヒル麺中華薬膳風煮込み、ってそのままな感じです。

場所は、BTSのサパーンクワーイ駅からスクンビット方面の大きな交差点へ。その交差点を陸橋で渡って右折、プラディパート通りの偶数ソイ側、ソイ20の入り口にあります。ストリートビューにもお店そのものが映ってました。麺は、センレックもしくはバミーがおすすめ。個人的にはバミーにして、スープ&麺&砂糖追加での甘味に、ガッツリと唐辛子を効かせて食べるのが好きです。肉の弾力と噛むほどに出る旨味がほんとにいいんですよ!あぁ、また食べたくなってきたけど早起きしないとなぁ…。

というわけで、現時点で振り返った屋台メニュー・ベスト3でした!まぁドコで食べても、それなりに旨いんですけどね。しかし、旧年中はアヒル麺をたくさん食べた気がします。今年も色々と美味しい屋台料理に出会いたい!美味しいところの情報があったら、ぜひ教えて下さい!