バンコク在住、移住、いくらかかるの?現採のリアルな生活費を公開

20150703142659

「タイ 移住」「バンコク 移住」的なワード検索して、ここにたどり着く方が増えてますね。このブログでも、お金に関しての話は過去に何度か書きました。

バンコクに住んでそれなりの年月が経って、生活するのに困る様なことはほとんど無くなりました。まぁ細かいことは色々とあったりもしますが…当初は日本の本を買えない(あるけど無駄に
前回の記事ではボクの食費の一例を公開しました。http://bkk9.net/2015/07/09/money-food/今回はお酒編ということで、ボクの普段の飲み
日本とタイでは物価が違うので物を買うときなどに混乱したり、逆に全てが安い感じがして麻痺してしまったりします。この記事を書いている時は1バーツ=3.35円でした。バンコクで買

しかしトータルの費用に関しては、まだ書いていませんでしたね。他の在住者さんのブログとか、移住をすすめているブログなんかにも色々と情報は出ていて、興味深く読んだりしています。でも、その額に結構な幅があるんですよねぇ。1ヶ月暮らすのに、日本円で10万円あれば余裕!って人もいるし、10万バーツ(日本円で約30万強)でも足らない!って人もいます。掲示板なんかでも、この1ヶ月○○円!みたいな話は結構な炎上ネタになってる気がしますが、実際はどうなんでしょうか。ということで、とある現採のリアルな状況を書いてみようと思います。移住に関しては、こちらでまとめてあります。

タイ・バンコクに移住を考える人、意外に多いみたいですね。そんな方達に参考になれば、と当ブログの中の記事を集めてみました。が、しかーし!まずはこの記事を読んでいただきたいです

費用の前提は以下の通り。

  • 日系企業現採/Bビザ/WPあり
  • タイ人のパートナー有り
  • 収入合計は非BOI企業の外国人雇用最低金額×3ぐらい
  • 通勤はBTSやモタサイなど
  • 食事はタイ料理中心(ボクはたまに日本食あり)
  • お酒は自宅で晩酌中心(ビール2、3本・月に1〜2回の外飲み)
  • 車無し(調子悪くて売ってから購入してないです)

支出(単位:月)

家賃

21000バーツ
BTS端の方にある駅のコンドミニアム。駅から徒歩10分弱。送迎のロットゥ有り。2LDK・68㎡。プール・サウナ・ジム付き。家具・ベッド・冷蔵庫・洗濯機などは交渉して入居時に新品にしてもらいました。近々同じコンドミニアム内の別階に引越して18000バーツ/月になる予定です。コンドミニアムは部屋ごとにオーナーがいるので家賃がそれぞれ違うのが普通です。大体、掲示板などがあって貸部屋の情報なども載っているので、ちょこちょこチェックするとイイです。個人的に部屋はしっかりした所に住みたいので、ちょっと高めですがココを選びました。同じ物件を日本人の多い中心地(トンローやプロンポンなど)で借りたら、3〜5倍になるかと思いますが、中心地を外せばまだまだ安い物件も見つかります。更に、コンドミニアムではなく普通のアパート(日本で言うマンション)ならば、プールなどの付帯設備はないですがこの1/3程度の家賃で済むと思います。しかし、プール・ジムは意外に快適ですし日本ではこの値段では住めないので、多少高くとも付帯している物件を個人的にはおすすめします。

食費

30000バーツ
彼女含め、2人分の食費です。食事・ドリンク(水含む)・お菓子などなど、口に入れるものを全部足して、平均すると1日800〜1000バーツの間程度になっていると思います(一人あたり400〜500B)。えー!高い!と思ってる方、多そうですね。でも、よくこの手の記事で「1食100〜200円!(30〜60バーツ)」みたいに書いてあるとこ多いですが、今のバンコクは屋台飯が35〜50バーツ程度はするので、全ての食事を屋台飯で済ませる事が前提ですよ。ドリンクやデザート、もちろん日本食なんて食べられませんし、タイ料理レストランにすら行けません。スーパーでマヨネーズや醤油も買えないでしょう(どっちも結構高い)。ウチは基本的には彼女がタイ料理しか食べないので、まだ安く済んでいる方じゃないかとも思います。そして、食費に関しては変動がとても大きいです。なぜかというと、日本からの友人が多く来タイする時や、仕事の関係で食事付きの打合せが多くあるときなどは、日本食を食べる事が結構多くなってしまうのですよね。あと、ボクがちょこちょこラーメン食べたくなって行っちゃったりするのもあるかなwラーメン一杯、平均すると200バーツくらいはしますからね。屋台飯4回分です。日本人との付き合いの多い人は、必然的に日本食を摂ることが増えるので、食費がガンガン上がります。ここ移住のキモだと思うんですが、美味しいタイ料理は日本に比べて安く食べられるのは確かですけれど、トータルの食費に関しては過剰に安いとは思わないほうがイイと個人的には思います。

交通費

3000バーツ
ボクのBTS代が月1回のチャージで1250バーツ(50回の回数券方式。詳しくはコチラ)。残りはモタサイやタクシー、バスとかに乗った時の分です。平均して、大体コレくらいは毎月かかってますね。

電気代

3500バーツ
部屋2つ、リビングにそれぞれエアコン・テレビがあり(計3台ずつ)リビングはほぼ全日エアコンもテレビも点いていたりするので、結構高めです。あと、調理器具がガスではなく電磁調理器なのも微妙に効いてるかもしれません。リビングのエアコンが効かないのもあるかなぁ…と思ってはいるんですが…面倒で調べてません。

水道代

400バーツ
生活用水(シャワー、トイレ、洗濯など)のみ。朝晩と暑ければ昼もシャワー浴びます。

通信費

3000バーツ
Trueのケーブルテレビ+インターネット。および、ボクと彼女の携帯電話代。しかし、なんでTrueはトラブルばっかりなんだろうか…先日のケーブルテレビは改良されたっぽいけど…。

雑費

20000バーツ
彼女が服や靴を買ったり、ボクが飲みに出たりする分とか、薬買ったりの医療費も含まれます。上記以外の、その他諸々って感じです。月によっては、どかっと増えたりもします。

一覧

項目金額
家賃21000
食費30000
交通費3000
電気代3500
水道代400
通信費3000
雑費20000
合計80900

合計は80000バーツ(日本円で25万弱)ちょい超えぐらいですね。ウチの場合は、残ったのは全部貯金しちゃってます。病院にかかったりすると、ドカンと減ったりするので。他にも突発的な出費、結構ありますし。もし車を持ってたりすると、維持費もかかってきます。また、上記は2人での生活なので、1人の生活に換算すると、家賃や食費はざっくり半分になったとして、大体50000〜60000バーツ程度になるんじゃないかなぁと思います。あんまりストレス溜めずに、そこそこ快適に暮らす、って感じで上記のような感じでしょうか。毎日夜遊びしてたら、1人でも10万バーツ普通に超えると思いますw

「これって東京で暮らすのとそれほど変わらないんじゃない?」って思っていませんか?えぇ、それ正解だと思います。日本で生活をしていた人が、バンコクである程度の快適さを伴って暮らすっていうのは、正直そんなに安く済まないと思うんです。ボクは、タイ料理が好きというのが大きいので、それだけでも大いにメリットがありますが、やっぱり「タイが好き」じゃないと実際に住むのは大変なんじゃないかなぁ…と思います。うん!安い!って思えるのは、家賃ぐらいですかねぇ。生活費全般に関しては、昔ほどの差は無いと思います。なので「安く暮らせるから」っていう理由がメインで移住を検討するのは、個人的にはおすすめしません。

ということで、ちょっとリアル目なバンコク在住・現採の生活費公開でした。個人的には、駐在さんの、キラキラ生活がどんなものなのかなぁ、ってのも興味あったりしますw

※ 追記 2016/05/11
コメントにて駐在さんの生活費をブログにて公開していらっしゃると教えていただきましたー!こちらも興味深いですね。はにさん、ありがとうございます!

http://hanisandayo.hatenablog.com/entry/2016/05/03/151405