タイ(バンコク)の引越は安くて簡単な運び屋さんに依頼!

以前、バンコクの住居に関して書いたことがあります。滞在にはアパートがおすすめ!っていう記事です。

http://bkk9.net/2015/07/08/bangkok-apartment/

記事の中でも書きましたが、タイのアパートは家具(ベッド・タンス・冷蔵庫・テレビ・エアコン等など)が備え付けな所がほとんどです。またキッチンが無いところも多いので、家財道具自体がかなり少なく済みます。なので、タイ人は本当にカジュアルに引っ越しします。大体スーツケース1〜2個と、ダンボールがせいぜい5個とかでしょうか。まぁ後は細々とあったりもしますが。もちろん、持ち家だったり、コンドミニアムを購入したりした場合の荷物は、日本と変わらない状態にはなりますね。あ、駐在員さんのお宅は全く当てはまらないので、この記事は飛ばしてください。というか、駐在さんは読んでないですねきっとw

さてさて。実際に引っ越しするとなると、荷物を運ばなければいけません。スーツケースにダンボール少しだったら、タクシーでもOKですが、もう少し荷物が多いとなると引越し屋さんが必要です。ところで、タイにはアリさんやペリカンさんみたいな『引越し屋さん』ていうのはあるんでしょうか…そんな時に便利に使えるのは、タイ版の何でも屋さんというか運び屋さんです。

ソイの中にあるコンドミニアムやアパートの前には上の写真のように、柱にたくさんの電話番号が貼り付けられています。見たことがある方も多いのではないでしょうか。とはいえ、中心部の綺麗なコンドミニアムの前には無いですがwんでもって、この番号たちをよく見てみると

รถกระบะ, กระบะ ロットクラバァ、クラバァ → ピックアップトラック
รับ ラッブ → 受け取る
จ้าง ジャーン → 雇う

と書いてあります。「荷物運び屋だよーん!電話してね!(超意訳)」ってことですね。住居の前に貼ってあるのも、住人が引っ越ししようと思った時にすぐに見つけてもらうためです。この中の番号を適当に選んでかけると、大概のんきな感じのオッチャンが出るので、引っ越したい日時・荷物の大体の量・運び先などを話して料金を聞きます。当日は、1〜2名がピックアップトラックに乗ってブイーンと部屋までやってきて、部屋の中の荷物をドカドカっと車に積んでくれます。んで、引越し先までサクッと送ってくれて搬入もしてくれます。ボクの今までの経験だと、バンコク都内の引っ越しなら、せいぜい500〜1000バーツ程度。運ぶ荷物の量とか距離でもちろん変わりはしますけれど、日本の引越みたいに何十万みたいなことはありません。

この手の運び屋さんは結構たくさんいて、オフィスの引越の時なんかにも重宝します。普段は別の仕事してる人も多かったりするんですよね。本業の空いている時間にピックアップトラックを活用しているわけです。粗大ごみが出た時なども、そのまま引き取ってくれたり、本当に便利屋さん的な働きをしてくれて助かります。大概のタイ人は、この手の便利屋的な仕事をしている人を自分のお抱えとして何人か知っているんじゃないでしょうか。しかし、こういう人夫的な仕事の料金は、タイはまだ安いなぁと感じますね。

関連記事