OISHIの冷凍餃子、お手軽で美味しいのでビールのお供にイイよ!

餃子大好きな、ガォです。

そう餃子。日本にいる頃から「餃子は手作り」っていう感覚があったので、こっちに来てからもちょこちょこと自分で作って食べてはいたんですが、当たり前だけど餡から作るのは面倒なのですよねーw先日、スーパーに行った時にフト冷凍食品のコーナーで見かけたのは、見慣れたロゴの冷凍餃子でした。

タイでは有名なブランド「OISHI」のものです。12個入りで100バーツしなかったです。作り方は、まぁ普通の冷凍餃子と同じです。フライパンに薄く油をひいて、冷凍したままの餃子を並べます。んで、ちょこっと焼いたら少量の水を入れてフタ。蒸し焼きな感じですね。で、水分飛んだら焼き目が付いて出来上がり、って感じです。水分飛んでから少し置いとくと、底部分がパリッとなっていいですよー。下の写真は、水入れて蒸し焼きしてる途中の雰囲気。

ついてくるタレが妙に甘めなので、タレに関しては自分で作るほうがよいかもしれません。ボクは、日本の醤油に瓶入りのマナオ(タイのライム)のしぼり汁をたっぷり目に入れて、酸っぱいので食べるのが好きです。個数は12個なので、ビールのアテに食べるにはちょうどいい感じですし、フライパンに並べてほっとけば出来上がるという楽ちんさなので、しばらくリピートするかもしれませんw日本食はあんまり受け付けない彼女も、それなりにおいしく食べていました。ビールのアテはもちろんですが、ご飯のおともにももちろんOKです。

鶏肉バージョンとか、海老バージョンとかもありましたけど、個人的にはノーマルの豚バージョンでいいかなー、って感じです。水餃子にもいけそうなので、テキトーなスープ作ってやってみようかなー。この個数で、この値段なのでCP的にもOKですね!現採のお財布にも優しい庶民の味方ですw

ということで、OISHIの餃子、なかなかイイよー!でした。