トンローに小奇麗なクァイティアオ屋ができてた


トンローに小奇麗なクァイティアオ屋ができてた

ここんとこ、すっかり更新サボってる、ガォです。

いや、さぼってるわけじゃないんですけどね。忙しかったりしてます。あと、ネタはちょこちょこと溜まってるんですが、いろんなタイ系のブログを見ていると、ボクが書くまでもないかなぁ…とか思うことが増えてましてw駐妻さんのブログも色々と勢いあるところが多いですしねぇ。なので、まぁ気が向いたときに、たまぁに更新というスタイルを相変わらず続けると思います。

実は「タイ料理屋で働いていた頃の話を更新しろ!」という連絡はいくつか頂いております…。こっちも、あと数回で完結なので、なんとかしないとですね。もう少々お待ちください。加筆修正して、まとめようとも思ってます。

さてさて。

看板

先日、トンローにて打ち合わせのあと小腹が空いて何か食べようかなぁ…と思ったときに、ふと目に入ったこのお店。場所はトンローのソイ18の入り口目の前。セブンイレブンの近くです。ずいぶんと可愛らしい看板が目につきました。サンフェード、と書いてあり、これは確かめてみると三つ子、的な意味みたいですね。その下の字はクァイティアオトムヤム、です。クァイティアオトムヤムはボクの好物のクァイティアオで、インタマラ25にある店が好きでよく行っています。せっかくなので、こちらで食べましょう。

店の入口

細い入り口を奥まで入ると、そこそこ広めの店内でした。壁には食材のイラストが書かれていて、なんだかシャレオツです。テレビがありますがこの日は点いてなくて、お客さんもランチの時間からは外れていたためいなかったので、随分と静かに感じました。道路沿いの屋台じゃないので、外の音も全く聞こえないんですよね。その分、エアコンもバッチリ効いているし、店内は新装開店なのでピカピカだし、屋台とか半屋台な店の衛生状況が気になる方には良いかもしれません。聞いたらオープンは2018年の3月3日ということで、本当にオープンしたばっかりですね。店員さんたちも、ちょっと静かめ(≒無愛想…)だったのはそのせいもあるのかな…。賑やかしも兼ねて、BGM流したほうが良いんじゃないかなぁ、と思っちゃいました。

店内

店内

メニューから、センヤイイェンタフォートムヤムを注文。イェンタフォーは、紅腐乳と呼ばれる発酵調味料が入ってるものですね。酸味とコクが加わる感じです。あと具材にイカとか空芯菜とかが入って具だくさんになります。

センヤイイェンタフォートムヤム

程なくして到着。見た目も、それなりにキレイに盛られています。ここのはイェンタフォー色が少なめですね、見た目だけだと普通のトムヤムっぽいです。屋台のクァイティアオよりは若干盛りが多めかもしれないです。スープを一口。うん、ごく普通のイェンタフォートムヤムですな。調味料を少し足して、自分好みにしていただきました。

味は「めちゃめちゃ美味い!」ってわけではないですが、普通に美味しいですし、このキレイな店内で、なおかつエアコンが効いてるってのは大きいと思います。ドリンクはコーラを頼んだのですが10バーツと屋台価格でした。日本から遊びに来た友人を案内したり、あんまり衛生的でない屋台に行かないような駐妻さんにはおすすめかもです。お値段は55バーツと若干高めですが、場所代・エアコン代だと思えば、という感じでしょうか。

ということで、トンローにできたクァイティアオ屋さんの紹介でした!

関連記事